仲介手数料

仲介手数料って?

仲介手数料って安くなるの?

家を売るときや、買うときに仲介手数料が発生いたします。
宅建業法上で上限と定められている3%+6万円(税別)を不動産業界では正規手数料といいます。
一般業者は3%+6万円(税別)が決定事項であるかのように請求し、お客様も当然の如くお支払いになっておられますが、それは大きな誤解です。
宅建業法上の報酬上限であり、それ以下はいくらでもいいのです。

当社とお付き合いさせていただく以上、規定の半額『1.5%+3万円』(税別)だとお考え下さい。

TOPページの『お客様への3つの誓い』で宣言させていただきました通り下記の金額とさせていただきます。


物件価格 正規仲介手数料 年寿興産の場合 差額
1,000万円 378,000円 189,000円 189,000円
1,500万円 535,500円 267,750円 267,750円
2,000万円 693,000円 346,500円 346,500円
3,000万円 1,008,000円 504,000円 504,000円
4,000万円 1,323,000円 661,500円 661,500円
5,000万円 1,638,000円 819,000円 819,000円
仲介手数料無料って?

弊社が売主や代理の場合は勿論、また提携会社の物件などが対象になる場合がございます。
賃貸物件も正規手数料(家賃の1ヶ月分)の半額とさせていただきます。
当然ながら弊社所有の賃貸物件は、仲介手数料無料です。

ご存知ですか?

不動産業界は、REINS(レインズ)の加盟また、インターネットの普及によりどこの不動産会社も同じ情報を持つようになりました。

近畿レインズとは
国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営するコンピューターネットワークの名称です。
近畿圏の不動産会社、約27,000社が加盟し、不動産情報データベースに登録することにより大手業者から中小零細業者まで瞬時に加盟業者全てに情報提供することが出来る画期的な巨大ネットワークです。
また、一般の方々が専属で業者に売却依頼をした場合などは登録義務が課せられるシステムです。

売却に出されている新築物件や中古物件は売主様から売却依頼を受けた場合やレインズに登録された物件が各業者から折込チラシやネット等で広告します。

同じ物件が違う業者から折込チラシやネット広告されているのを見かけられたことがあるかと思いますが上記の様な理由からなのです。


当ホームページ掲載物件だけでなく

at home webHOME'SYahoo!不動産

などの不動産ポータルサイト、他社のホームページやチラシで見つけた物件につきましても仲介手数料半額で、お取り扱いできる場合がありますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

また弊社では下記のサービスもございますのでお気軽にご利用下さい。

『会員公開物件』って?

当サイトの取り扱い物件情報には『一般公開物件』と『会員公開物件』がございます。
『会員公開物件』とは一言でいいますと売主様のご都合で一般公開をしていない物件です。
理由は『現在もまだ住んでいるから』などなど様々ですが売主様は『ご近所さんには内緒でお願いします』と依頼される場合があります。その様な売却情報を『会員公開物件』として取り扱い、不特定多数の方々に知られないように制限をかけています。
年寿クラブにご入会いただきますと、不特定ではない特定の方だけに情報を提供することが可能となります。
お家探しのデータベースとしてご活用下さい。

『メールサービス』って?

毎日、更新される新着情報をメールでお知らせ。
『新たに売りに出される物件』『売買が成立した物件』不動産物件は日々動いています。
お家探しで失敗しないためには現在『売出中』の物件情報は出来る限りチェックしましょう。
そうすることで、きちんと比較検討できますし『こんな家が売りに出されていたなんて知らなかった』と後悔せずにすみますよ。
ご希望の物件を探すために、たくさんの不動産サイトを検索する無駄な時間を使う必要がなくなります。

不動産売買における仲介手数料とは

不動産会社を通して家を売ったり買ったりする場合に、その報酬として支払うお金を仲介手数料(または媒介手数料)といいます。
あくまで成功報酬として支払うものなので、売却や購入の依頼をしても、取引が成立しなければ支払う必要はありません。
取引態様が『売主』『代理』などの場合は発生しません。

正規の仲介手数料?

仲介手数料の上限が、宅建業法で定められています。
物件価格の3.15%+6.3万円が宅建業法で定める上限であり、一般的に言われる正規の仲介手数料です。
不動産会社はこの上限を超えた金額を請求してはいけません。
また、3.15%+6.3万円という計算方法は「速算法」と呼ばれる簡易計算式です。
正式には物件の価格を下記の様に3分割して計算します。

仲介手数料

ちなみに、3,000万円の物件を買う場合に支払う仲介手数料を、数式にあてはめて計算すると、
3,000万円×3.15%+6.3万円=1,008,000円になります。

仲介手数料はいつ?誰に?支払うの?

仲介手数料は『売買契約が成立したとき』に『仲介した不動産会社』に支払います。
弊社では取引の最後(所有権移転及び物件引渡時)にいただいておりますが、稀に「契約時に半分」「取引の最後に半分」と2回に分けて受領する業者もあるようですので事前に確認が必要です。

※ 弊社取り扱いの売買及び賃貸の仲介手数料の半額・無料の対象は下記の場合は対象外となります。
  一、宅建業者及び建築業者等の各業者様
  一、事業用物件(店舗付住宅は除く)及び駐車場など使用目的が住居以外の場合。

売買物件検索へ切り替えます賃貸物件検索へ切り替えます
地域で探す 地域で探す
コンテンツ リンク集
2012/07/29
現在の登録物件数
  • 119件
  • 617
  • 736件
メンバー登録お申込みメンバーログインへ
人気ランキング

日本住宅保証検査機構
地盤・地盤調査のジャパンホームシールド株式会社
富士火災海上保険株式会社
宅建協会
不動産公正取引協議会連合会

このページのトップ(上)へ